湘南にある美容院SAKURA(サクラ)>湘南にある美容院(美容室)SAKURA(サクラ)>カラー>白髪染めのダメージケア、、、トリートメントどうします?

白髪染めのダメージケア、、、トリートメントどうします?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪染めのダメージケア、、、トリートメントどうします?


こんにちは!!!
SAKURAの豊永です。

コラムも第三弾となりますが、皆様のお役に少しは立てているでしょうか?

今回は…

白髪染め後のヘアケアについてです!!


ヘアスタイルを楽しむ方法の一つとして“白髪染め”をご紹介させて頂いておりますが、『髪へのダメージを懸念されている』という声もよく耳にしています。




“染める”という行為には違いありませんので、髪へのダメージは間違いなくあると言えます。




ヘアスタイルを楽しむ気持ちよりも、髪へのダメージが気になってしまっては100%前向きな気持ちで施術を受けられないと思います。





ですが大切なことは、ダメージを負う事を気にかけるよりも、その後の“ケア”を適切に行う事ではないでしょうか?




最近では市販で売られている“白髪染めトリートメント”の商品をよく見かけます。


とても便利なツールですし、商品名の通り白髪を染めながらトリートメント効果も期待して購入される方も多く見受けられます。




前回のコラム

【参考記事】白髪染めの頻度大丈夫ですか?とは▽

『白髪染めの頻度』それ本当に大丈夫ですか?

『白髪染めの頻度』それ本当に大丈夫ですか?

“白髪染め頻度”それ本当に大丈夫ですか?
こんにちは! 鎌倉、深沢にあるSAKURAの豊永です‼️
今回皆さんに読んで頂きたいコラム、、、
【白髪染めの頻度、、、本当に大丈夫ですか?】 です!!!!! 髪の問題として、切っても切れないのが年しを重ねると増えてくる白髪問題ではないでしょうか? 白髪が目立って来たけど美容室だとお金もかかる。。。 自分で染めるならどの商品を使ったら良いか分からない。。。
白髪染めトリートメントが染まる仕組み ここに文章を書く。
白髪染めトリートメントのメリットとデメリットを追加する ここに文章を書く。
そんな白髪染めに悩んでいる人へ。。。
実は白髪染めのお薬の中には髪を染めるための強い成分が含まれていて、使い方を間違えれば脱毛症・アレルギー症状などを引き起こす可能性があるのです!!
白髪染めの頻度は個人差もありますがだいたい1ヶ月~2ヶ月に一度ペースだと思います。 みなさんとても気になるようになると思います。
2ヶ月に一度の頻度で美容室に通うとなれば、気になるのはやっぱり費用ですよね。。。
白髪染めをセルフで行えば一回2000円程度で収まるところ、美容室に行けばその倍以上は掛かってしまう事がネックで市販の商品を購入し、自宅で努力されている方も多いのではないでしょうか… そして、いざドラックストアへ行くと、白髪染めの商品が多過ぎて、どれを買ったらいいのか分からず、とりあえず色々試してはいませんか?
ではなぜ、こんなにも白髪染めの商品が多いのか?
それは、髪質には大きな個人差があり、また、頭皮の状態や髪の量などによって細かく使い分けなければいけない程、強い成分が含まれているからなのです。
その成分によって影響が出ない方も、もちろん多く存在します。 ですが、皮膚が弱い方はかゆみ・赤み・ブツブツなどの症状を引き起こす事例も多く存在しているのです… また、今まで異常なく染め続けている方でも、突然かぶれが起こることもあります。
なので、私達美容師は。。。
“カウンセリング”をとても大事にしています。
新規のお客様であればもちろんの事、常連のお客様であっても、施術前には必ずご希望だけでなく、ご要望も確認し、髪質や髪の量など細かな情報を把握してから、その方に合った施術を行っていきます。 2ヶ月に一度となれば、白髪染めだけでも年間を通してかなりの費用になってしまうかもしれませんが、プロとして正しい知識を持っている美容師に、丁寧に、そして安全に染めてもらうのが一番良いと思います。
白髪染めでよくあるQ&A
Q.セルフカラーはダメなのか?
A:決してセルフで行える製品を否定する事はありません。
ただ、セルフで白髪染めをされる際は、必ず使用上の注意をよく読んで頂き、かぶれ等の異常が生じた際はすぐに使用を止め医療機関を受診してください。
上のコラムで書かせて頂きましたがセルフ製品は誰でも簡単に染める事が出来るように強い成分が入っている事を忘れずに使用をしてください。
Q.白髪染めの頻度が高いと髪へのダメージは?
A:そして何より気になるのは繰り返し白髪染めをする事によるダメージではないでしょうか。
お店で白髪染めをされる場合には、髪質に合わせたヘアケア処理をした上で、トリートメント成分が含まれている薬剤などを使用し染めたい部分にピンポイントで薬剤をのせ、ダメージを最小限に抑える事ができます。
セルフでカラーをされる場合には、とても難しいとは思いますが出来るだけ伸びてきた根元の部分にだけ薬剤を塗布するように心がけ、毛先の染まっている部分に薬剤がつかないようにしてください。
そして、お店・セルフ共に必ずアフターケアのトリートメントをされることをオススメ致します‼️
トリートメントの詳しいコラムはこちらです↓
Q.白髪染めの頻度は男性と女性で違うの?
A:男性・女性共に髪は1ヶ月で約1㎝~1.5㎝伸びるとされていますので、2ヶ月となると根元から約2㎝白髪が見え始め、分け目の部分で見ると2cm~4cm…
Q.自宅で染めるのと美容室で染める場合では染める頻度に違いはありますか? A:基本的には、髪の毛な伸びる速度は上にもあげたとうりに1ヶ月で1cm~1.5cmです。 伸びた分だけの白髪は皆さんきっと気になるとおもいます。 美容室で染める場合は私達の技術で正確にきっちりと白髪を染める事ができます。 ホームカラーの場合、ホームカラーを1度はされた方は心当たりがあるとおもいますが… 染まっていなかったりの染まりムラが出来てしまう事が多々あります。 そこで、ホームカラーと美容室で染めた場合の違いが出できます!
1ヶ月後… 美容室でしっかりと染まっていれば色落ちも遅くなるので気になる速度は髪の毛が伸びてくるのと同じくらい ですが、ホームカラーでムラになっていると染まっていない部分も出てきてしまうので伸びた1、2cmプラスもう少し白髪部分が目立ってしまいます。
髪の毛伸びる速度は変わらないので必然的にホームカラーの方が頻度はあがってしまうことになります。 頻度が上がれば髪の毛や頭皮への負担はそれだけ増えてしまいます。
白髪染めだけに関わらず、髪の問題があればいつでもご相談をお待ちしておりますので、是非機会があればご来店くださいね‼️
ご予約は↓ https://beauty.hotpepper.jp/slnH000184949/

でもお伝えしましたが、自分の髪質や体質にピッタリの商品を見つけられるのであれば、メリットもたくさん感じられると思います。






では私たち美容師は何が出来るのか?





1…プロの目で判断した施術が行えること


2…その場でご相談にお答え出来ること


この2つは美容室の強みだと感じております。






同じ人でさえ時期やタイミングによっては施術が変わる可能性もありますので、お客様に合った白髪染めのご提案とご相談、その後の染まり具合や髪質によってのアフターケアーのご紹介など、一人一人に違ったアプローチを日々行っております。



今回はそのアフターケアーについてご提案させて頂きダメージはそのままにしておくとパサつきなどの原因になります。



ダメージには、、、


外的要因と内的要因が存在しますが、白髪染め後は、髪の表面を保護するリンスやコンディショナーだけでなく、髪の内部に栄養分を浸透させるトリートメントの使用をご提案させて頂いております。


こちらのコラムも参考に、、、

【参考記事】トリートメント、、、とは▽

絡まる髪とはおさらば!〜原因と対策〜

絡まる髪とはおさらば!〜原因と対策〜


風でなびくサラサラの髪。。。
そんな髪に憧れませんか?? わたしはとっても憧れます!!
しかし、朝起きて髪の毛をとかす時、お風呂に入ってシャンプーをしている時などなど… 絡まってしまって、嫌になる時ありませんか?(T ^ T)
私もロングなので、しっかりトリートメントしてるのになんで絡まるの!!!となることがありました笑
原因がわかった上でどうすればいいのかをわかってからは、くしを通すたびにサラサラで嬉しくなります♪
ということで!! 今回は、なぜ絡まってしまうのか、どうしたら絡まなくなるのかを解説していきます!
〜〜目次〜〜 ・なぜ絡まるの??その① ・なぜ絡まるの??その② ・絡まないためにやるべきこと ・オススメのトリートメント ・オススメのブラシ
・なぜ絡まるの??その①
絡まる原因として一番大きいのが、 髪質です。健康な髪質よりも細くて柔らかい髪質だと絡まりやすいです。髪質は生まれつきのものなので、絡まらないようにするために頑張りましょう!!
髪の毛の表面は、キューティクルで覆われています。キューティクルという言葉はみなさん聞いたことがあるかと思います。
キューティクルとはうろこ状のもので何枚も重なってできています。このうろこ状のものが剥がれたりしてしまうと、枝毛や切れ毛の原因になります。そして、髪の毛同士が引っかかりやすくなってしまうため絡まってしまうのです(>_<)
髪の毛が細く柔らかいとよりダメージを受けやすいため絡まりやすいのです。。。
・なぜ絡まるの??その②
シャンプー後のタオルドライや、髪の毛の乾かし方によっても絡まりやすくなってしまいます。
まず、タオルドライですがただただ髪の毛の水分を取るためにゴシゴシしていませんか?? お風呂上がりの髪の毛はとても繊細です!ゴシゴシタオルドライをしてしまうとキューティクルを痛めてしまいます。
タオルドライは根元の頭皮を中心に拭くようにして、髪の毛先はタオルで優しく包むようにすると良いでしょう!
タオルドライ後のドライヤーの乾かし方ですが、キューティクルを整えるために上から下に風を当てて乾かすのが一番です。
最初は全体に風を通すように根元を中心に乾かしていきます。根元が乾いてきたら毛流れに合わせて上から下に風を当て整えていきます。ほぼ乾いたなと思ったらここで冷風にチェンジです!キューティクルがキュッと閉まるので最期の冷風を忘れないでください!
・絡まないためにやるべきこと
原因が分かればそれをやらないようにすればいいんです。そしてそこにプラスアルファで、髪の毛を健康毛に近づけるためにはやはりトリートメントがオススメです。
シャンプーをした後に使うトリートメントや、タオルドライをした後につかうトリートメントなど、たくさん種類はありますが自分に合ったものを選ぶと良いと思います。
コテやアイロン、ヘアカラーやパーマなどオシャレのためには必須ですよね。しかし、何回も何回も繰り返すと髪の毛はダメージを受けキューティクルが剥がれやすくなります。ダメージがきになる方はコテやアイロンなどの回数を減らしたり、カラーやパーマをした際にはサロンのトリートメントをしましょう。
・オススメのトリートメント
市販のものでも使わないよりはいいと思いますが、やはりサロンのものの方が効果はあります。
私の働いているお店ではデミさんのフローディアというトリートメントを使っています。
このフローディアの最大の特徴は一人一人の髪質によってトリートメントを選ぶことができます。
『 根元はふんわりさせたいけど毛先はしっとりまとまって欲しい!』
『 とにかくしっとりして欲しい!』
『サラッと艶が出るようにしたい! 』
などなど、、、 フローディアが解決致します!
お客様のなりたい髪質に合わせスタッフがトリートメントを選び施術します。
そして、最近フローディアに新たなコントロールラインが出来ました。 このコントロールラインは髪の毛の水分量を適正に保つ手助けを行ってくれます。冬の乾燥している時期や夏のジメジメした時期もこれさえあれば解決です!水分が少ないとふわっとして広がりやすくなり、逆に多いとうねりの原因になります。
新しくなったフローディアを是非お試し下さい!
・オススメのブラシ
絡んだ髪の毛をとかすのってなかなか大変ですよね(><)私はクッションブラシを使って髪の毛をとかします。
クッションブラシはブラシ毛が着いている土台の部分がクッションになっていて髪の毛をブラッシングするのに最適です。
絡まった髪の毛も毛先から少しずつとかすと他のブラシに比べとてもとかしやすいはずです。 ブラッシングは髪の毛を溶かすだけでなく、頭皮の皮脂を毛先までいき渡すことでツヤが生まれます。また、お風呂に入る前にブラッシングをすると、毛穴の汚れを浮き上がらせてくれるので頭皮が綺麗になります!
ブラッシングもとても重要なことなのです。
いかがでしたか??
お家で簡単に始められることから少しずつ初めて見るといいと思います。
フローディアが気になった方はぜひお店まで起こし下さい!





トリートメントの頻度についても個人差が存在しますので、気になる方は是非SAKURAでご相談下さい。





それでは、SAKURAでお待ちしております!!!

豊永 糸魚

豊永 糸魚

Written by:
ナチュラルなスタイルが得意です!なんでも相談して下さい!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊永 糸魚は、こんな記事も書いています。

  • 白髪の原因っていったいなに???改善方法ってあるの?

    白髪の原因っていったいなに???改善方法ってあるの?

  • 白髪染めのダメージケア、、、トリートメントどうします?

    白髪染めのダメージケア、、、トリートメントどうします?

  • 大人のヘアカラー白髪染めをもっとオシャレにしませんか?

    大人のヘアカラー白髪染めをもっとオシャレにしませんか?

  • 『白髪染めの頻度』それ本当に大丈夫ですか?

    『白髪染めの頻度』それ本当に大丈夫ですか?

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 SAKURA All rights reserved.